■ カレンダー
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
■ プロフィール

wasen

Author:wasen
FC2ブログへようこそ!

■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ カテゴリー
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



告白



告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
(2010/04/08)
湊 かなえ

商品詳細を見る


我が子を亡くした女教師が、HRで「娘は殺された」と告白する。一つの事件を様々な観点から語り、結末を迎える・・・。

湊かなえさん、これがデビュー作なんですね。アイデアもいいし素晴らしいですね。登場人物各々の視点から描くというのは、映画「バンテージ・ポイント」でもありましたね。そんなにクリフハンガーはしていないですけど。

でも各々の言い分(?)を読んでると、なるほど、同じ事を言っていても本人の解釈が入るので、結局真実は分からないのかという風になってしまいます。この人たちも普通の人。各々の解釈によって事実が歪められ(いやむしろその人にとっては事実なのかも)ちょっとしたボタンの掛け違いで事態はあらぬ方向へ行ってしまったり。

実際この世界でもよくある事です。むしろそれに気づかない人の方が多いです。時間は止めることが出来ないし、そのスピードは年々増しているように感じます。「こうなってこうなった結果こうなった」という検証が出来ないまま、もう次の場所へ行かなくてはならない。今の世界の情報量だとそうなってしまいますよね。客観的に物事を見るってすごく難しいと改めて感じます。

この事件は、単純に子を殺された親の復讐が描かれていますが、前述した複雑な人間模様が描かれており、早く読みたい!という衝動に駆られます。作りうまいな〜ほんとにデビュー作なの?ってぐらい完成度は高いと思います。

まぁこの映画を観られた方ならわかると思いますが、終わり方も暗いです。もう救いがないくらい。教師の森口はこれで気が晴れたのだろうか?結果ちゃんと思い通り復讐出来たけど。森口の復讐も怖いですが、学校のクラスメートも怖いです。集団心理ですね。マイノリティになりたくないっていう。

自分はまだ映画を観ていません。女教師は松たか子と知っていましたが、新しい担任ウェルテルは久ヶ沢徹さんを思い浮かべて読んでました。登場人物が自分の印象でキャスティングできるのも小説の楽しみですね。具体的な人物が出てこない場合もありますけど。
これの映画でも観てみよっかな〜。

本たくさん読んでますけどアウトプット全然出来てません。
頑張ってブログ書くか〜。
スポンサーサイト



阪急電車



阪急電車 (幻冬舎文庫)阪急電車 (幻冬舎文庫)
(2010/08/05)
有川 浩

商品詳細を見る



最近本は読んでるんだけど、ビジネス書や啓発本が多くて、
読むのに時間掛かったり集中出来なかったり・・・。

会社の女の子がコレ持ってて貸してくれた。
面白くて、読み進めたら止まらなくて読破してしまった。
ちょっぴり幸せになれますよ、この本で。
恋愛が始まる瞬間、終わる時、一言で人生が変わる事・・・
様々なストーリーが入っています。

有川浩さんって男の方だと思ってました。
「ありかわ ひろ」って読むんですね。

場所は阪急今津線が舞台。
宝塚駅から西宮北口駅までのお話。
各駅毎にエピソードがあり、折り返しもある。
最初の話は宝塚駅から。
話の区切りは駅名なんだけど、ストーリーは微妙に全部繋がってて、かつ小出しにするところが憎いな~。例えば前の駅のストーリーでは「あだ名」で呼ばれてて、また違う話になると「名前」で表記されたりする。この人誰?って一瞬戸惑うんだけど「あ~この人ね」って気付く。それが服装だったりアクセサリーだったりするわけで、なんか情景だけでその後の進展がわかったり、なかなか上手く書いてはるな~ってニヤリとしてしまう。

ちょっとややこしいかもしれないけど、人物の名前と個性さえ覚えておけば大丈夫。かっちり覚えておけばそれだけ楽しさが増す。物語の最初の方でそう思ったから名前とか必死に覚えたw

基本的に読みやすいんで、さらりと読んでしまうところだけど、このお話はというか作者の感性が凄い。っていうか読んでるときは男の人が書いていると思ってたんでコレを見つけられる、もしくは汲み取って文章にしてしまうって凄いな~と思ってた。ちょっぴりヤキモチもしたけど、読み終わってから調べたら女の人だと分かってちょっと安心。人の気持ちの描写もそうだし、駅から見える風景のニュアンスもこんな風に景色が見られたらなって思ってしまうような文章。そんなのが書きたいとまでは言わないまでも、理解したい・感じたいと思ってたんで。細やかやな~。

出てくる人たちもすごく魅力的で、共感できる部分もある。胸がポカポカするような暖かいお話なので、喫茶店にでも入ってゆっくり読みたい本だな~。でもこの本で笑ったり泣いてしまったりしたから他のお客さんには迷惑か。この本ちゃんと買おうっと。

そうそう、この本映画になるらしい。関西は4/23日から。観に行ってみよっと。

最後に、読み終わった後少し回想してると、なんか電車に乗ってどこかへゆっくり行きたくなったな。電車に乗っているっていう時間を楽しむ事ってホントにたまにしか出来ない事だからな~。朝から出かけて、ゆっくり電車乗って気が向いた駅で降りて、少しブラブラしたり写真撮ったり、お店に入ったり・・・今度やろうっと。



ぐるりのこと


ぐるりのことぐるりのこと
(2004/12/22)
梨木 香歩

商品詳細を見る


近々上映する映画のことではございません。

どうしてこの本に出会ったのか?
ネットをぶらぶらしてて、見つけたような気がします。
誰かのお薦め本とかじゃなくて。
なんかピンと来たのかな。

この人の並々ならぬ感受性に驚嘆します。
また、「考え抜くこと」に於いても素晴らしい才能がある。
するりとは読めない本なので、時間は掛かってしまいましたけど。

旅先であった出来事、感じたことをここまで深く遠く考えられるのか~と。

この人の言葉にはとっても共感が出来ます。
「言葉とは曖昧なもの」や「しょうがないなぁ」などなど。
そうそう、そうなんだよなぁ~・・・。

ほんのちょっぴりの事柄から、何を拾ってくるかは人それぞれ。
アンテナを張ってると結構面白いことにも気がつく。
そんな人生をゆっくりと送るってとっても素晴らしいこと。
今の自分にはなかなか出来ない。

みんなに読んでもらいたいですね~。



古典落語


古典落語100席―滑稽・人情・艶笑・怪談…… (PHP文庫)古典落語100席―滑稽・人情・艶笑・怪談…… (PHP文庫)
(1997/11)
立川 志の輔、PHP研究所 他

商品詳細を見る


「先生、右足が痛いんですが診てもらえますか?」
「はい、レントゲンの結果からは関節炎や神経痛や痛風ではありません。あなたの右足は大丈夫ですよ、おじいさん。」
「じゃ何です?この痛みは。」
「まぁ、お歳のせいでしょう。」
「先生、いいかげんな診断しないでください。」
「どうしてです?」
「歳のせいって、左足も同い歳だよ。」

落語は面白いですね。
発想も素晴らしい。
「あたま山」なんてびっくりするような噺だし。
お気に入りは「ねずみ」などのちょいと皮肉の効いたおとぼけな噺。

笑いというのは難しいもんで、大概ロジックがある。
みんな理論で固めて噺を作っているような感じがします。
下げ(落ち)の種類もたくさんあるし、結構科学的に考えられてる
ところもあります。

物語としても秀逸していてとっても良くできています。
こんな噺を作った人はすごい。
また、これらを演じる噺家もすごいですね~。
たまにBS放送なぞで、落語やってますが同じ噺でも
抑揚といいいますか、噺の緩急みたいなものが
人によりけりでバラエティに富んでるなぁ~と。
これで勉強して、是非とも生で噺を聞いてみたい。
まだ見に行ったことはないのです。




ワセダ三畳青春期


ワセダ三畳青春記 (集英社文庫)ワセダ三畳青春記 (集英社文庫)
(2003/10)
高野 秀行

商品詳細を見る



二つの事を同時に出来ない。

自分、不器用なので、どうしても出来ません。
音楽を聴くときは音楽に集中してしまう。
仕事の時は仕事。
職場で音楽聞きながら仕事してますが、集中してるときは
ほんとに耳に入らない。
ご飯を作るときも、同時に出来ない。

唯一出来る事。
お風呂に入りながら本が読める(笑)
湯船に浸かるときはもっぱら読書してます。


この本はブログ仲間の「美鳥」さんが絶賛されて
いましたので、買ってみました。

面白い。すっごい面白い。
風呂場の反響も手伝って、笑い声がグワングワン響く。

なんでこんな人生歩めるんだっていうぐらい面白い。

実は知り合いの中でも本になりえる人、居ます。
彼の人生は面白い。代わってみた・・・くはないですが。
本にしてみたいな~。
問題は、私の文才のみ。

この高野さんはものすごく綺麗にまとめて書いておられます。
また着眼点が面白い。ツッコミが冷静で面白い。

時は90年代、バブル真っ盛りの時代。
「野々村荘」での三畳一間の生活を綴ったお話しです。

また、面白可笑しい人たちばっかりなんですよ登場人物が。
バブル全盛期にこんな生活してるってのがまた面白くて。
活字でこんなに笑ったのは久しぶりだなぁ~!!
現実逃避したい方にちょ~オススメです(笑)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。