■ カレンダー
08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
■ プロフィール

wasen

Author:wasen
FC2ブログへようこそ!

■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ カテゴリー
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



遂に届いた~!!!


IMG_0127.jpg

注文してから待つことおよそ2ヶ月・・・長かったな~一瞬忘れてた。
欲しかったこの鞄!メーカーはROTHCOというところです。
なかなか取り扱っている店が無くて、やっとこさ見つけた!と思ったら、アメリカの工場の方が生産遅れているということで、入荷待ち。最初は8月末だって言ってたのに9月下旬まで延期になってしまった。
それでようやくゲット!

たくさん物も入るし(私は荷物が多い)作りもしっかりしているし、買って良かった!
毎日ウキウキでこの鞄を持って行っています。
これで所有の鞄が8個になりました。よく使うのはそのうち5つだけど。
後は旅行用とか。でもこの鞄でおそらく足りるでしょう。それぐらい物が入る。

中には中学時代に買ったものもある。アニエスのだけど、映画「天空の城ラピュタ」でパズーが使っていた鞄に似ている。10年以上使ってます。紐が切れても縫って使っています。

この鞄も10年以上持つだろうな~もう一個買ってもよいかな~。
ちなみに・・・この鞄も好きなドラマで使われていた物です。
何で使われていたかは内緒ですが、当てた人は結構すごいんじゃないかな?
スポンサーサイト



久しぶりのカプリチョーザ


060916_2012~0001.jpg


カプリチョーザは何年ぶりだろう・・・5年は行ってなかったかな~。
で、久しぶりに行ってみました。

ささみと松の実が入ったペペロンチーノ。
最近家で作るペペチーは最近マンネリ化しているので、研究も兼ねて。

久しぶりに食べたら美味しいな~。松の実がいい感じ!
友人のパスタの方が美味しかったのが悔しいところ。
ペペロンチーノは単純だから奥が深い。
でも栄養的にあまり食べるわけにもいきませんが(笑)



うわさの天むす


ten.jpg

友人の勧めがあり、お昼はうどん屋さんへ行ってきました。
「ここの天むすは感動するで」と言うのです。

うどんか蕎麦といえば、私はうどん蕎麦なのですが、お餅が大好きなので、とりあえず力うどんと天むすで。えぇ、関西人は炭水化物大好きっ子です。

お餅はやっぱり美味しいです。
よく考えたらお正月の時ぐらいなもんだったな。

で、待望の天むすですが・・・美味い。
ごはんにも丁度良い塩加減が。食べるのが案外難しい天むすですが、ここのは素晴らしいですね。

「みよしや」という所で場所は宇治市の小倉近辺。
機会があったら是非ご賞味下さい。



いや・・・


IMG_0325.jpg

嬉しくなったものでつい・・・。



強者どもは夢の跡


123.jpg

ごめんなさい。
美味しそうな物を見ちゃうとね~食いしん坊心が働いて箸が勝手に動いちゃうんですよ・・・。
よく注意されるんです。
「食べた後の写真はなしだから!!」と。
でも、今回はこのタイトルにあってるでしょ?駄目ですかw(以前使ったネタだけど。)

さて、バーベキューです。
やっぱり外で食べると美味しい!!いつもより余計に美味しく感じられます。
お肉ももちろん美味しいのですが、タマネギ!これが旨い!
あま~くてね~!人参もね!

今日はミュージシャンばかりだったので、機材を持ち込んで外で演奏。
場所は滋賀県の琵琶湖。
また綺麗な所なんですよ。

124.jpg

びわこ~は~ひろい~な~おおきぃ~な~っと。
美しいでしょ?まるで天国みたい。(行った事無いけど)
いつも写真で凹む(その場で感じたものが撮れないし)んですが、今日は良い感じで撮れました☆
写真好きなんですが腕がね~いつもコンデジだからと機材のせいにしていますw

冬も綺麗なんですよ~!
スキー場から眺める琵琶湖がまた最高!
胃も心もご満悦な一日でした。
(旧友にも会えたし~)



もう夏も終わりましたね~


photo.jpg

まだ暑いのでこんなんどうでしょう?
おばけこんにゃくも美味しかったですし、写ってないけどUDONも美味しかった!
カボチャのチーズムースも絶品でした。
山菜のペペロンチーノと書いてあったんで、パスタが出てくると思ったら、写真左上の小鉢でした。

こういう料理って見た瞬間は少なっ!って思うんですけど、ラストの方ではお腹いっぱいになっちゃうんですよね~。こういった料理、京都は得意でしょう。多分。

また、折り紙がそっと置いてあるのも洒落てる。
こんな心、私にはございません。ゆとりもございません。

無理矢理オチを付けると・・・
この店の名前も、場所も覚えてないんですよね~。チャンチャン。



「天使の卵」「もう一度デジャヴ」村山由佳


4087484920.09._SCMZZZZZZZ_.jpg

天使の卵
そのひとの横顔はあまりにも清洌で、凛としたたたずまいに満ちていた。


知人に勧められて、読みました。
今秋映画化されるとのことです。

芸大志望の歩太と、電車で出会った8歳年上の春妃、恋人の夏姫との話。
後で知りましたが、純愛小説のバイブルとも呼ばれているそうです。

村上由佳さんの文章には触れた事がなかったので、いつものBOOK OFFへ行き、「天使の卵」と「もう一度デジャヴ」という本を買ってきました。

天使の卵を読み始めると、瑞々しくて、柔らかくて、とても新鮮な気持ちになりました。
なんてこの人こんなに丁寧で純朴な文章を書くのだろう。
しかし、物語も後半になってくると、その柔らかい空気がいきなりスパッ!と斬られる。
背中がゾクゾクっとする。もう最後の方は涙を流しながら読んでいました。もう最後のページ辺りなんて・・・うぅ・・・。
所詮、あの二人の結末は、予定調和なのかもしれない。虚しい・・・。

もうかなり切なくてどうしよう・・・と、忘れる為に次の本「もう一度デジャヴ」を手に取る。

4087485153.09._SCMZZZZZZZ_.jpg

もう一度デジャヴ


前世からの運命の恋人と云々という話です。
途中まで読んではたと気付く。「やっべ、これも哀しい話だったらどうしよ?」
ん~それだったらそれでしょうがないと読み進める。(こういうとこは、わりかしドライ、てかバカ)

現世と前世の二つの話が同時進行していきます。
どうやって繋がるんだろ?と興味津々で読んでいく。

最後の方には冒険物みたいになって、現世と繋がり、めでたしめでたし。
よかった~ハッピーエンドで。
自分にもこんな運命の人っているんかなぁ?など考えを張り巡らせていましたが、沸々と天使の卵の記憶が・・・。
いや~!寝よう!と電気を消したが、眠れるわけはなく。引きずるな~。
寝る前にしてはいけないことが増えてしまった。血湧き肉躍る音楽を聴くことと、感動する映画、小説は絶対に見ない!!!

「天使の卵」の映画はどうしよう・・・ひょっとしたら始まった瞬間思い出して泣いてしまうかもしれん。



天使と悪魔


4047914568.09._SCMZZZZZZZ_.jpg


天使と悪魔

ダヴィンチコードの前作。科学の力を駆使するテロリストとバチカンとの死闘。

文庫本になっていたとの情報を受け、買ってしまいました。
相変わらず読みやすい!あっさり読めてしまいます。
こういった本を読むと賢くなった様な気がします。うんちく沢山出てくるし。
でも、主役のラングドンが友達だったらちょっと・・・。何かにつけて、うんちく語るし、心の中で「その仕草の本当の意味は・・」なんて思ってそうですから(笑)

本を読んでいる時はなるべく邪念を捨てて、無心で読む様にしているんですが、今回失敗してしまいました。「この人が犯人だったらおもしろいだろうな~」なんて考えてしまったのです!
あぁ~!最後の楽しみが!見事的中してしまっていたのです!ショック!!

と、まぁいらんこと考えなかったら面白いです。息も詰まる様な展開ですし、ラングドンがスーパーマンに見えてしまいますから(笑



たまに行くならこんな店


060819_0151~0001.jpg

仕事が午前様になった時、飲み屋でしこたま飲んだ後などこの店を利用します。その名も「芳眠」。
また変わったおっちゃんが経営してる店で、「にんにく唐辛子」なるスパイスがあるんですわ。コレをラーメンに入れると旨いんですけどこの混ぜ方が難しいというか、おっちゃんからやんや言われます。
私なぞはもう名前も覚えてもらっているので、大丈夫ですが、混ぜ方が悪いと注意されます。
「ほらっちゃんと麺もひっくり返して全体によく混ぜんと」とか。

美味しさは当たりはずれがある店ですが、それでもいいかなんて思ってしまいます。
またね~キムチが美味しいんですよ。行った時絶対二人前を包んでもらってます。珍しいと思いますよ、ラーメン屋でキムチの持ち帰りする人。

この店に入ったらまず、ビールとゆで卵を注文。お金に余裕がある時は卵の代わりにキムチ。私はチャーシューがあまり好きではないので、普通のラーメン(日によって「こってり」か「醤油」かどっちか変える)。
まずビールを一口飲んで、一息。ゆで卵の殻を剥き、塩を掛けて一口食べる。そしてまたビールを流し込む。
店の親父の仕事を見ながら、ビールと卵をやる。
ラーメンが運ばれてきたら、「にんにく唐辛子」を混ぜ、スープをすする。そしてまたビール。具をつまみながらビール。
麺をずるずると一気にすすって、完食。タバコを燻(くゆ)らせラーメンの満足感と、その日の事の出来事を思い出しながらゆっくりと。
これが至福の時です。生きててよかったなと思える瞬間。



マイアミ・バイス


mo4527.jpg

マイアミ・バイスを観てきました。
グエムルを観ようかと思ってたんですが、一人じゃ怖いので、こっちにしておきました。
ホラーはほんとにダメなんです。

で、こちらの映画・・・ほんとに凄い!
映像って凄くなったな~と感心します。
リアルもリアルで、銃撃戦のシーンなんてドキュメンタリーみたい。
撮り方もそうなんですが、臨場感ありまくりです。
人が撃たれるシーンとかリアルでちょっとエグい。

気になったのはコリン・ファレル。
セックスシーンが無いと映画に出演しないって噂を聞いたことがありますが、今回は!
長いよ~!あんたコレの為に出たんかいっ!って思うぐらい長いよ~。
ちょっとだけだれちゃいましたよ。

しかし、その他のシーンはドキドキしまくりです。やっぱり面白いな~。

で、今回私は人生で初めて、映画の途中にお手洗いで席を立ってしまいました。
屈辱~我慢したんだけど~限界でした。

それで映画が終わってから・・・・
(隣の見知らぬおじさん)「面白かったね。」
(私)「えぇ・・・そうですね」
(隣の見知らぬおじさん)「やっぱりこのシリーズは最高だね」
(私)「えぇ・・・そうですね~」
(隣の見知らぬおじさん)「あの中国人の女の人出てるって知らなかったな」
(私)「そうですか」
(隣の見知らぬおじさん)「トイレ我慢できなかったな」
(私)「限界まで挑戦したんですけどね・・・」
(隣の見知らぬおじさん)「わしやったらそれにしてるわ(ポップコーンの容器を指さす)」
(私)「それも考えたんですよ・・・でもね~・・・」
(隣の見知らぬおじさん)「あははっ・・・まぁジュース飲んだらそうなるね」
(私)「ちょっと悔しいですね~面白かったし席を立ちたくなかったです。」
(隣の見知らぬおじさん)「まぁ、ほなまた」
(私)「えぇ・・また」

おそらくお互い顔を覚えていないでしょうけど、最後の「ほなまた」で何故かまた会う気がしてなりません。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。