■ カレンダー
10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
■ プロフィール

wasen

Author:wasen
FC2ブログへようこそ!

■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ カテゴリー
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



白い犬とワルツを


白い犬とワルツを 白い犬とワルツを
テリー ケイ (1998/02)
新潮社

この商品の詳細を見る


長年連れ添った妻に先立たれ、自らも病に侵された老人サムは、暖かい子供たちの思いやりに感謝しながらも
一人で余生を生き抜こうとする。妻の死後、どこからともなく現れた白い犬と寄り添うようにして。
犬は、サム以外の人間の前にはなかなか姿を見せず、声も立てない―真実の愛の姿を美しく爽やかに描いて、
痛いほどの感動を与える大人の童話。


ようやく読み終わりました。大体二週間ぐらい。
いつもは一気に読んでしまうのですが、今回はなぜか少しずつ。

先日、友人に「この本読みましたよ~」って言ったら、「え~今頃?」って。
「私は流行ってた時に読んだ」と言われました。
えっ?流行ってたの?

私は流行物には疎いです。
「天使の卵」も友人の勧めがあったからこそ。
女優の名前も知らない、流行の言葉も知らない。
エビちゃんなんて、私の上司(5?歳)の方が早く知っていたほど。
まぁ、今でも顔がよくわかりませんが。
「この人がエビちゃん」って私に嘘ついても、確実に騙せること間違いなし。
まぁ、私の周りには私以上に知らない人、何人か居るけど。

そんな私にぴったりの話でした。
ボロボロのトラックで遥か離れた目的地まで、二日掛けて行く。
自分でクッキーを焼き、変わらない景色を眺め、一日が過ぎていく。

今さら、私がどーこー言ってもあれなんで、白い犬とは?
みたいな話は止めておきますが、ゆっくりとした田舎っていいなぁ~。
田舎に住んでないから言えるのかも知れませんが。
「物が無くて(多分近くにって意味)不便。」とよく聞きますが、
今は物が溢れすぎなので、少々無い方がいいのかも。
とは言っても私の生活では、無理ですがね。

このおじいちゃんみたいに、空気の匂いを味わってみたい。
「空気の味」なんてわからない。「キレイ」とか「澄んだ」
みたいな感じはわかりますけど、何々が原因でこうした空気の味がするなんてこと
わかりませんから。
自然に関しての、察知ってのがわからなくなってきてるのかな。
もうすぐ雨降るなって感じはわかるんだけども。
あっ!あと、会社から家へ帰る時、段々気温が低くなるのもわかる。
どこに住んでんねんって話ですけど。

年老いてもなお、奥様のことを愛していたおじいさんは素晴らしい人です。
子供もお父さんの事を気遣っています。
素晴らしい家庭だな~。
スポンサーサイト



Vフォー・ヴェンデッタ


Vフォー・ヴェンデッタ 特別版 Vフォー・ヴェンデッタ 特別版
ナタリー・ポートマン (2006/09/08)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る


第3次世界大戦後、独裁国家となったイギリス。国家を相手にひとりテロ活動を続ける仮面の男“V”と彼に出会い自分自身の真実に目覚めたイヴィーが自由と正義を取り戻す革命のために立ち上がった…。

主人公はテロリストです。
とはいっても、国家の方が悪役になってますから、安心です。(安心か?)

Vはヒーローらしく、もの凄く強い。
しかし、大抵のヒーロー物とは違い、絶対的な強さがあるのですが、
彼の力でなんとかしようというものではありません。
その辺が私のこの映画の好きなところでしょうか。

教養もあり、文化を重んじる姿勢が良いです。
まぁ、少し「ちょっと頭おかしいんじゃない?」と思えるところもありますが、
その辺が人間っぽいところでしょうか。
そうそう、彼は人間です。普通じゃないけど。

ゴードン・ディートリッヒ(スティーヴン・フライ)が良い味だしてます。
この映画の独裁社会では、彼の様な存在が居るってのがありがたいです。
自分の信念で生きているってこと、素晴らしいです。
とくにあんな世界で。

しかし、独裁者の名前がアダム・サトラー議長って・・・そんな名前ありか?

P.S.最近目が疲れて、映画は字幕で見なきゃだめだ~!って思ってたのに、DVDだと日本語吹き替えが
あるのでそっちで(字幕なし)見てしまっています。現代病だな~・・・。



あかつきとますたに


以前から評判を聞いていた「ますたに」を食すべく、
気合いを入れて土曜の夜に食べに行きました!

場所もはっきりしなかったんですが、とりあえず車で今出川を東へ。
大体この辺だろうと彷徨い、あっあれかも!と店の前まで行ってみたら・・・

19時閉店ですと!!!
早い!早すぎ~!
練習前に食べに行かなあきませんわ、ガーシュイン生まれの's wonderfulさん。

悔しいけどしょうがない。
しかし、前からラーメンを食べるとその日は決めていたので、もう口がラーメンを
欲していました。
ので、近くの「あかつき」へ急遽変更!

ここも美味しいと評判だったのです。
行った事無いと思っていたのですが、店に入ってみたら、見覚えがありました。
おそらく、6年ぐらい前に一回来た事あります。

061118_2017~0001.jpg


ラーメン大を頼んだのですが、スルスルと入っていきました。
これは、ライス付けても食えたな。
なにより、ラーメン並と値段が50円しか変わらないので、大を頼んだ方がお得な気がします。

スープは割とこってりした感じ。
麺は細めで、チャーシューも美味しいです。
普段チャーシューはあまり食べないのですが、この店のは食べられました。


以前から楽しみにしていた「ますたに」に行けなかったのが悔しかったので、
次の日のお昼に「ますたに」に行ってきました。
二日連続でラーメンってのもどうかと思いましたが、まぁ頻繁に食べるわけではないので(多分)
いいだろうと。

やはり人気のお店なんでしょう、並んでました。
期待も膨らみ、ウキウキ気分で順番を待つ。

そして、順番が来て注文しました。

061119_1302~0001.jpg


器小さいのか、ラーメンの量が多いのか。ラーメン飛び出てるし。
先日に引き続きラーメン大を注文。
しっかりライスも付けました。

噂に違わず、美味しいです。
何しろテーブルに胡椒やお酢が並べられているのですが、胡椒が入っている
入れ物が、ネスカフェのコーヒーの入れ物に穴を開けての手作り!
これがいい。

麺は少し柔らかめ。堅めを注文してもよかったかも。
このラーメンもドンドン進んでいきます。あっという間に完食です。
美味しいラーメンってのは、こうなんでしょうね。
がっつりいけます。
しかし、スープの匂いがきつかったのか、夕方まで口の中にスープの匂いが残っていました。

よっし、次は恐ろしくこってりな味と噂の「無鉄砲」に行くぞ!



トランスポーター2


トランスポーター2 DTSスペシャル・エディション トランスポーター2 DTSスペシャル・エディション
ジェイスン・ステイサム (2006/10/13)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る


どんな依頼品でも正確に目的地へと送り届けるプロの運び屋を描くジェイソン・ステイサム主演アクション「トランスポーター」の続編。運転手として6歳の少年の送り迎えという簡単な仕事を引き受けた主人公が、やがて巨大な陰謀に巻き込まれていく。

コート・ダ・ジュールからマイアミに移ってきたフランクが大事件に巻き込まれちゃいました。

車もBMWからアウディに変わり、高級なスーツ、腕時計をして、仕事しています。
また、映画のイントロ部分など、前作と同じ様なシーンもあり、楽しめます。
今作にも出て欲しいと願っていた警部役の人も出てきてたので嬉しかったです。
やっぱり人気あったのかな、あの人。

アクションシーンも前作を凌ぐ勢いです。またもや前作と似た様なシーンがあり楽しめますが、
前作よりも更に磨きが掛かり、まるでジャッキー・チェンみたいになっています。
銃を使わないところがハリウッドとは違うぜ~っと主張したかったのでしょうか。

今回の敵の殺し屋ケイト・ノタ。またもモデルさんです。
あっ、なんかミュージシャンでもあり、この映画のために2曲書き下ろしてるみたいです。
またもや何でも出来る人の登場です。
肝心の映画の方では・・・
キレ具合はいいんですけどね~。

そうそう、大ボスは男の人なんですけど、剣道やってるシーンがあります。
日本人からすれば、考えられないんですけど、道着来てバンバン部下を投げてるシーンがあります。
また、竹刀が道着を貫通するシーンもあるんですけど、「じゃぁ、剣道着なんて付けてる意味ないやん」と突っ込むのはやめておきましょう。なんかめっちゃかったい竹刀かも知れませんし。

フランクは相変わらず無愛想で、何やっても死なない位の勢いですが、彼の少しのやさしさが
また良い味を出してるんだろうな~と思います。
警部にも最後は申し訳程度におみやげあげたりしてましたから。
また続編でないかな~。



天使の梯子


天使の梯子 天使の梯子
村山 由佳 (2004/10)
集英社

この商品の詳細を見る

『天使の卵』、待望の続編! 愛を失った歩太と夏姫は、再び愛を取り戻すことができるのか。そして中学の担任教師だった夏姫にどうしようもなく惹かれていく慎一。傷ついた3人が織りなす切ない愛のドラマ。

これを読んだ時、前作の「天使の卵」を読み終えてからあまり時間が経ってなかったので、前作の雰囲気を保ちつつ読めました。
more...



ANGEL-A アンジェラ


アンジェラ スペシャル・エディション アンジェラ スペシャル・エディション
ジャメル・ドゥブーズ (2006/10/20)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る


さすがリュック・ベンソンです。
映像が凄く綺麗!なんか技あり!って感じです。
また、白黒で撮ってる所もいいですね。パリの街が綺麗です。

基本的にダメ男を更生させるって話なんですけど、よくあるパターンをどう料理するか?
って部分に興味を惹かれました。

予備知識なしで観たのですが、おおよその見当は最初の方でつきます。
途中のシーンで「もっと自分を愛しましょう、感謝しましょう」みたいな感じになるんですが、
最近観たニュースでこんなことやってましたね。確か。
自分の体の悪い部分に「お疲れさま、毎日頑張ってくれてありがとう」と話しかける事によって
良くなるんだとか。
ニュースは日本のお医者さんですけど、この映画を観たのか、それともちゃんとした理由があってなのか。

ダメ男役のジャメル・ドゥブースはフランスで人気のコメディアンなんだそうです。
「アメリ」にも出ていたみたいなんですが、そういえばアレはまだ観てなかった。
右手をポケットにいつも突っ込んでるスタイルが印象的ですが、小さな頃に事故があって右手を無くしたんだそうです。それでコメディアンになるって結構凄い事ではないでしょうか。
心にも傷を負いそうなのに。

またアンジェラ役のリー・ラスムッセンはスーパーモデルでありながら、映画も撮るし、写真や絵画もするそうです。才色兼備とはこのことでしょうか。

最近観た映画の中ではこれが一番映像が美しいですね。



ファイヤーウォール


ファイヤーウォール 特別版 ファイヤーウォール 特別版
ハリソン・フォード (2006/08/04)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る


標的にされた銀行のコンピューター・セキュリティ専門家、ジャック。家族を人質に取った犯人は、銀行から1億ドル盗み出すよう指示をしてきた。強盗グループとジャックの究極の知能ゲームが、ここに始まる。

頑張るお母さんに続き、頑張るお父さんです。
相変わらずのハリソン・フォードのドタバタ劇です。
なんでか、ハリソン・フォードの作品は見入ってしまうんですよね。

「逃亡者」や「パトリオット・ゲーム」のようなアクションシーンもありますが、
やはりハリソン・フォードの年を取った感は否めません。
大丈夫?そんな頑張らんといて!と観ているこっちが心配してしまうほどです。

キャストには24のクロエ役の人が出てたり、懐かしの「ターミネーター2」役の人(この人色々出ていますが、やっぱりこの役が一番印象深い)や、あの「ダヴィンチ・コード」で怪演を見せていたポール・ベタニーが出ています。
しかし、この作品ではどうかな~、ダヴィンチ・コードの様な感じではないですからね。
脚本なんでしょうけど、もうちょっと頑張って欲しかったな~。

題名が「ファイヤーウォール」なんで、ハイテク系を思い浮かべていたのですが、見終わった感想ですと、
そんなにハイテクしてないなって感じです。
犯人追跡したり、銀行の技術とかハイテクなんですけどね~。やっぱりハリソンフォードのアクションが
そう感じさせるのでしょうか。

これにも、ボーナストラックとして「スーパーナチュラル」というテレビドラマの一話が付いていたのですが、これは怖い!オカルト系のドラマです。しかし、一話ではよくわかりません。
兄弟が、行方不明のお父さんを捜す傍ら、怪奇現象を解決していくのですが、兄弟の力ってのが今ひとつ見えなかったです。観たいかなとも思うのですが、やっぱり怖いから止めておこうっと。



フライトプラン


フライトプラン フライトプラン
ジョディ・フォスター (2006/05/24)
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

この商品の詳細を見る

ジョディ・フォスター主演、高度一万メートルの“密室”で起こるサスペンス・アクション。事故死した夫の葬儀を実家で行なうため、旅客機に乗り込んだ妻・カイルと娘・ジュリア。機内で眠りについたカイルが目を覚ますと娘の姿が消えていた。機内をくまなく探す彼女に信じがたい知らせが…。娘の行方を知る者は誰もなく手がかりはゼロ。カイルの孤独な闘いが今はじまる。

がんばるお母さんは最近みた、「フォーガットン」に続きます。
あっちはなんでやねん!んなあほな!ってありえないお話でしたけど。

しかし、こんな飛行機あったら乗ってみたいですね。
全席、テレビ付いてるんですよ~!それに広そうだし。

途中、なんかジョディ・フォスターの娘さんの事を誰も見ていなくて、しまいには誰もが気でも狂ったんじゃない?と思うようになり、痛い人みたいで嫌でしたけど、最後の展開にはびっくりしましたね。
犯人そこまで計画的やったんかい!ってなノリです。

ジョディ・フォスターは相変わらずのジョディ・フォスターって感じで、雰囲気ありすぎるので、どの作品でも同じような印象を受けてしまったりします。知っている俳優さんは後は機長さんだけでしたね。

ただ唯一気になった点は、差別的な事を受ける人がいたのですが、最後は何故かジョディの事を許してしまっているシーンがあったんですね。
なんでかな~ジョディにあんなこと言われたら、許さないのにね~それぐらいひどい事言われてました。

最近のDVDには、ドラマの1話だけ付いていて、ついつい見てしまうのですが、これにも「プリズンブレイク」なるものが付いてました。
このドラマも面白そうですね~。続き見ようかな・・・。



クリスマス・ボックス


4062076969.jpg

アメリカのソルトレーク・シティにあるヴィクトリア朝の古い館。そこに一人で暮らす上品な未亡人の所に住み込んだ若い夫婦はやがて自分たちがただの家事手伝いとして雇われたのではないことに気づいて…。


クリスマスには少し早いですが、この本を紹介します。
とても心が温まるストーリーです。
一番読んで頂きたいのは、仕事に忙しいお父さん、お母さんですが、
そうではない私なんかでも泣けます。

作者は、子供達へのプレゼントとしてサラリーマンの傍ら、この本を書きあげたらしいです。子供への愛がこの本を完成させたのでしょうね。

この本を読み終えたのは、午前中の公園でした。
病院が早く終わり、ブランチがてら、喫茶店に入ろうとしたのですが、天気が良かったので、テイクアウトで公園のベンチに座りながら食事を取り、この本を読んでいたんです。
中程まで読んでいたのですが、読み入ってしまい、一気に最後まで読みました。最後の方なんて、涙が止まりませんでした。
危ない危ない、喫茶店の中で本読んでいたらえらいことになってましたわ。

世界で一番深い愛は?大切な物は?
それを気付かせてくれる本かも知れません。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。