■ カレンダー
11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
■ プロフィール

wasen

Author:wasen
FC2ブログへようこそ!

■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ カテゴリー
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



23分間の奇跡


23分間の奇跡 23分間の奇跡
ジェームズ クラベル (1988/07)
集英社

この商品の詳細を見る


「みなさん、おはよう。わたしが、きょうからみんなの先生ですよ」と新しい先生がいった。
時間はちょうど9時だった。その女教師は“最初の授業”で、いったい何を教え、
そして子供たちは、23分間でどう変わったのか―?自由とは、国家とは、教育とは何か、
読者ひとりひとりに問題を提起する。やさしい英語の原文を巻末に収録。


とってもとっても短い本です。
読むのが早い人なら23分間で読めます(笑)
また巻末から原文(英語)もありますので、一冊で二度おいしいです。

内容もシンプルで、短いですが、感想の方が長いような気がします。
それほど、少ない文章に多くの事が詰め込まれています。
舞台はどこなんだろう?アメリカなのかな?
先生は共産主義っぽいな。
戦争で負けた国に勝った国が教育するというお話し。

この本の特長としては、どちら側へも問題提起しているということでしょうか。
古い教育のマンネリと新しい教育による子どもたちの集団心理の誘導。

ちなみにこの本の訳者は先日亡くなられた青島幸男さんです。
この方色々やっておられたんですね。
訳者あとがきにも素晴らしい文章が書かれています。
日本にも同じ様な事が起こっていたみたです。
「鬼畜米英我らの敵だ」「一億玉砕」などのスローガンの元に育てられたそうです。
しかし、戦争に負けて、アメリカが日本を教育し、「ギブミーチョコレート」という
言葉に変わっていったようです。
私世代はその教育を受けた世代から教育を受けていますので、
もう自然に染みついていると思います。
極端に言うと、知らず知らず「都合の良い思考」にさせられているのかも
知れません。

ダウンタウンの松本さんの本に、
「NYでDJしていた人が本場の音楽はこうや!って日本人のDJを批判してた
けど、そんなん関係ないやん。日本らしさとかあってもいいんちゃうん」
みたいな事が書いてありました。
そんなの読んじゃうとちょっと考えさせられますね~。
私の周りには音楽やってる人が多いし、アメリカ音楽に
強い憧れを持っている人が多いです。
また「日本の音楽は・・・」なんて批判する声も良く聞きます。
そんな声も『教育』による影響なのかな~なんて
深くて難しい事を考えてしまいます。
この本を読んだ後に。

「歴史は強者によって作られる」とダヴィンチ・コードにもありましたが、
過去の事実なんて見えないし、今自分にとって見えることを考えやっていくしか
ないんですけどね。

しかし、こんな難しい問題をサラッと児童書で表現する辺り、
良いセンスしてますね~。
スポンサーサイト



NOEL ノエル


ノエル ノエル
スーザン・サランドン (2006/08/25)
アミューズソフトエンタテインメント

この商品の詳細を見る

バツイチで彼氏もなく、クリスマスイブの予定もない、寂しい中年女性のローズは、
同僚に家族パーティに誘われたが、惨めになるばかりだと入院中の母のもとへ。
婚約中のニーナは、嫉妬深い彼とケンカ中。愛しているけど、
このまま結婚してもいいのだろうかと悩んでいた。その婚約者マイクは、
見知らぬ老人から熱いまなざしで見つめられとまどう。それには驚くべき理由が…。


クリスマスのお話しです。
クリスマスまでにUPしようとしたんですけど、間に合わなかった・・・。

舞台はニューヨーク。
普通の人々に起こる奇跡を描いた映画です。

監督さんは「ユージュアル・サスペクツ」にも出ていたチャズ・パルミンテリです。
これが監督デビュー作だそうです。

ペネロペは相変わらずキレイです。
また様々な話があるのですが、ローズとマイクのストーリーが私は好きですね。
「生かすも殺すも自分次第」とはまさにこの事です。
ローズは不幸の塊(かたまり)みたいな人だし、マイクはすぐキレちゃうし・・・。
しかもローズの話では、サプライズ的な人も出てきます。
あれはちょっと吃驚した!!

サブストーリーも扱いは小さいですが、押さえるところは押さえてて
ちょっとした感動もおぼえます。
見ているこちらもすっきり!ですね。

とても心が温まるストーリーです。寒い夜にはぴったり!



招かれざる恋人


ゲス・フー 招かれざる恋人 特別編 ゲス・フー 招かれざる恋人 特別編
伊藤健太郎、玄田・哲章 他 (2006/04/07)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る


「オーシャンズ11」等に出演しているバーニー・マック、
「バタフライ・エフェクト」や「That 70s show」等のアシュトン・カッチャーが
出演しています。

「フレンズ」のドラマで、感謝祭の時モニカの両親がモニカの部屋へ訪れる回がありました。
モニカ「今日はスペシャルゲストが来るわよ」
チャンドラー「シドニー・ポワチエ ?」
このくだりで笑えたのなら、この映画を見ても笑えます。(多分)
アメリカ人はこのジョークでふつうに笑うんだろうか?上手いけど。
日本じゃ多分映画オタクって言われるでしょう。もしくは感心されるかも?

簡単に言うと人種差別の問題ですが、コミカルに描いています。
人種差別を扱った映画は割と重いものが多いのですが、軽快なタッチなので
何回も見られそうです。

普段は人種差別なんて!口で言っていても、いざ自分の娘の夫が異色人種だと・・・
現実的に身近な問題では無かった時、客観視しているからそういうことを言えたり
するものなのかも知れません。実際に直面したらこのお父さん(バーニー・マック)
のようになるのでしょうか?

今まで知人などから話を聞くと、娘を持つお父さんは人種に関係なく
やっぱりちょっと嫌みたいですね。
娘が結婚するなんて考えられない!という声をよく聞きます。
私の場合もし、娘が結婚相手を連れてきたら、昔の親父よろしく
「どこぞの馬の骨ともわからんもんに、うちの娘はやらん!」
と言ってみたいものです。多分一生言えないけど。

アシュトン・カッチャーも良い味だしてます。
黒人をネタにしたジョークを連発するのですが、もう怖い怖い!
日本人にはわからない内容ですが、結構酷いこと言ってるようです。
周り(黒人だらけ)も最初は笑ってるんですけど・・・。

また、音楽の歌詞でも黒人と白人の違いを出している選曲もしており、
ストーリーとも噛み合って端から見たら面白いです。

こういう表面は大衆向けで、根底にシリアスなテーマが盛り込んである
映画は好きですね~。どのレベルで見ても楽しめるんじゃないでしょうか。
たんなるリメイクではなく、オリジナルって感じもしましたしね~!



小さな星の奇蹟


小さな星の奇蹟 小さな星の奇蹟
メアリ・ビギンズ クラーク (1999/11)
新潮社

この商品の詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
7年前の12月、ソンドラは生んだばかりの娘を教会に置去りにした。子は偶然この教会に忍び込んだ泥棒に、ベビーカーごと連れ出された。成功目前の新進ヴァイオリニストとしてNYに戻ったソンドラは、自責の念と娘に会いたい一心で、リハーサルにも身が入らない。―富くじで四千万ドルを当てた強運のアルヴァイラ夫婦が大活躍する、ハートウォーミングなクリスマス・サスペンス。


サスペンス・・・・ですかね?

子を捨ててしまった母親、子供を拾った盗人、
詐欺師に騙されそうな老人、コラムニストであり素人探偵の老夫婦。
二つの事件が絡み合います。

クリスマスのお話で、ページ数も少ないのでお手軽に読めます。

序盤、中盤まで「こんなんどうやって終わるんやろ?全然糸が
ほぐれんやん・・」と思っていたのですが、
最後に一気に解決です。
いや~こういうのは気持ちいいですね~。
人生も伸び悩みの時、出口が見えない~ともがいていると
ふっと光が指すって時ありませんか?
そんな感じで、物語が解決します。

また最後にはホロリと来ますね。
いい話です。
短くて良い話でお手軽感があるこの本をクリスマスプレゼントにするってのも、
ありだと思いますね。



ニューヨークセレナーデ


ニューヨーク セレナーデ ニューヨーク セレナーデ
ヴィンセント・ギャロ (2004/08/06)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る


この映画は何なのでしょう・・ラブ・コメディーになるのかな?
登場人物大体変な人達です。
ブラックユーモアがあるのかな?一応差別用語っぽいのも出てくるし、
放送禁止用語も出てくるし。

題名のニューヨークセレナーデはよく分かりませんでした。
原題は「GET WELL SOON」

出てくるキャラは愛らしい人達ばかりなんですけど・・・ちょっと心配にもなります。
あんな変わった人いるのかな~?
しかし、ラスト辺りでの番組が始まった所のスピーチ。
あれはギャロの本心なんだろうか?とも勘ぐってしまいます。
本当の幸せってのは見えにくいものでしょうからね~。
妙に納得してしまいます。

最後の取引オチやハッピーエンドっぽいのも一応王道ですね。
でもやっぱりアメリカの価値観ってのは理解出来ない所ありますね~。
多分向こうの人が見たらギャッハッハ~って感じでしょうけど。
違う文化の私たちには分からないところが多いでしょう。
しかし、向こうの映画好き、ドラマ好きの方々であれば、知識でカバー出来る
所はあります。サラ・ジェシカ・パーカーのくだりなんてねぇ~知ってる人しか
知らないでしょうに。

なので、お気軽に見るっていう映画ではないかも。
あまりワールドワイド的な要素あんまり無いと思われます。
ギャロ好き、コートニー好きの方々には良いでしょう。



コンポ買った~ぜぃ


20061213160015.jpg

ONKYO X-T1

とうとう買ってしまいました。
音楽は大体PCで聞くのですが、やっぱCDの良い音が聞きたい!ってことで。

店員さんのお薦め通りONKYOという定評のあるメーカーだし、正面から音を少し大きくして
聞いたらライブ版のCDなんてもう~たまりません!
デザインもスタイリッシュだし~何よりこの値段でこの音だったら文句は無しです。
最近買ったアステカなんか聞くともう~きゃ~っ!って感じですわ~。
トム・スコットなんかもいいですね~。やっぱライブ版がいいかな。
基本的にハイの音がシャリシャリしてなくて、ベースがブスッと出ているのが私の好み。
なので、これで十分です。今まで聞こえなかった音も聞ける~♪



明るい離婚生活


明るい離婚計画 明るい離婚計画
マシュー・ペリー (2006/03/15)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る


夫に離婚届けを申し渡された妻・サラが離婚状代理人・ジョーを味方に引き込み、大逆転を狙ってN.Y.からテキサスまで追いつ追われつの騒動を繰り広げる。

めっちゃ面白い!って訳でもなく、めっちゃつまんない!ってわけでもありません。
時折大爆笑をさそうようなシーンがありました。

「フレンズ」のマシュー・ペリーと「悪いことしましょ」のエリザベス・ハーレーです。
ハーレーは結構なお年なのにミニスカとか履いてはります。あの年であの美貌か・・・
まだまだいけますね!

通知書代理人ってそんな仕事日本にもあるんでしょうか?あまり馴染みがないのですが、それでも
ビジネスになるんですね。ってかほんとにある仕事なのかな?
ロバート・デ・ニーロの「ミッドナイトラン」の時もそんな仕事あるんだ~って思いましたけど。
なんでも仕事にして、生きていこうとする精神は良いですね。

しかし、一見面白くするのは難しいと思える物語でもここまでの物に仕上げる底力ってのは
凄いな~!この映画も綺麗な流れで進みました。



トゥモロー・ワールド


トゥモロー・ワールド

20060908008fl00008viewrsz15.jpg


西暦2027年、人類は18年間の長期に渡って子どもが生まれない未曾有の異常事態が続いており、
このままでは人類絶滅の危機は免れなかった。
そんな中、国家の仕事に就くテオ(クライヴ・オーウェン)が、
人類存続に関係する重要な情報を握り始める。
人類の未来はおろか自分の将来でさえ興味を示さないテオだったが……。
(シネマトゥデイ)


これは凄い!
冒頭の爆発シーンから何かが違う!と思いました。
臨場感がえげつないのです。
ワンカットも長いし、手持ちのカメラでずっと追っかけてるみたい。
映画では無いような体験をしました。
何もかもがリアルすぎて、怖いです。
映画はやっぱり監督さんのものなんだな~と感じましたね。
こんなの見たことない!(私は)

子どもが生まれない・・・人類に希望が無いと、人はこうも荒んでしまうのか。
人類滅亡に向かっているのに、人の命は軽くみえます。
各地で戦争が起き、武力でしか制圧出来ません。
戦争はこうも人を変えてしまうのか、戦争の悲惨さを見事に描いていると思います。

子どもが生まれない・・・位の知識でこの映画を見たので、こんなになってるとは
思いませんでした。映画中も死んでしまう!(自分が)と何度思ったことか。

素晴らしい作品ですが、えっ!まじっ!と思うのは・・ジュリアン・ムーアです。
「おぉジュリアン!何故にあなたはジュリアンなの?」ってな感じですわ。
良いんですけどね~結構彼女のファンなんで~もうちょっとね~って感じですが。

ストーリーをより素晴らしい、インパクトがあるものにするために、映像を
あんな風にしたのかな~という、絵と言葉が上手く噛み合った映画だと思います。
これは映画館で見るしかないっしょ!!!

この映画の最後に素晴らしい文言が現れますので、是非最後まで見届けてやってください。



今更ながらの紅葉


ちょっと前、紅葉を見に、京都嵐山へ散策へ出かけました。
実は是非とも行ってみたい場所があったのです。
お昼ご飯は紅葉を眺めながら食べたら美味しいだろうと、
バケットサンドを作って持って行きました。
食べてしまってから、写真を撮るのに気付いた(いつもながら)ので撮ってません。
美味しかったんだけどな~!残念・・・。

場所は、滝口寺。滝口入道時頼と建礼門院の侍女横笛の悲恋で知られる寺です。

入ったところはこんな感じ。
IMG_0551.jpg


この日は生憎のお天気でした。
紅葉もちらほらしかありませんでしたが、噂通りの綺麗さです。

IMG_0554.jpg

IMG_0624.jpg

IMG_0609.jpg


気付く人は気付くと思いますが、先日観た映画「天使の卵」にも出てきた寺です。
小西真奈美さんが来たと、お寺にもその記事が置かれていました。

IMG_0614.jpg


寺の奥には竹林が広がり、古都の雰囲気を醸し出しています。

IMG_0630.jpg


で、滝口寺から少し下がったところに、清涼時という寺があり、そこのあぶり餅が
有名だというので食してきました。
先日買った池波正太郎さんの「むかしの味」にもあぶり餅が登場します。
食べたことがあるものが、紹介されていると、ちょっと嬉しい。

IMG_0631.jpg


渡月橋です。有名ですね。
京都検定の問題集にもこの渡月橋の名前の由来が出ていたと、ラジオでやっていました。
見てわかるとおり、まだ完全に色は変わっていません。
しかし、渡月橋を眺めながらぼーっと昼食を摂るのは良い感じでした。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。