■ カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
■ プロフィール

wasen

Author:wasen
FC2ブログへようこそ!

■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ カテゴリー
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



50回目のファースト・キス


50回目のファースト・キス コレクターズ・エディション50回目のファースト・キス コレクターズ・エディション
(2008/06/25)
アダム・サンドラーロブ・シュナイダー

商品詳細を見る


なんか笑ける。
ほんとにこんな病気があるらしいけど。

でも一番重要なのはこの映画の人たちは幸せそうってこと。

more...
スポンサーサイト



NEXT


329231view001.jpg

アメリカを壊滅させる恐れのある核爆弾テロの阻止を託された、予知能力を持つ男にふんするニコラス・ケイジの大奮闘を描くアクション大作。『ブレードランナー』『マイノリティ・リポート』のフィリップ・K・ディックの短編小説を基に、『007/ダイ・アナザー・デイ』のリー・タマホリがメガホンを取った。主人公の目に映るのは、ほんの2分先の未来。刻々と迫るタイムリミットが迫る中、最後まで途切れない緊張感を体感できる。

予告編で見たNEXT。
スーパーニコラスちゃん人形などいるはずもなく。
企画は面白かったけど。

2分先の未来・・・見たいかな?
見たくないなぁ~。
その方が楽しいやん。

more...



ぐるりのこと


ぐるりのことぐるりのこと
(2004/12/22)
梨木 香歩

商品詳細を見る


近々上映する映画のことではございません。

どうしてこの本に出会ったのか?
ネットをぶらぶらしてて、見つけたような気がします。
誰かのお薦め本とかじゃなくて。
なんかピンと来たのかな。

この人の並々ならぬ感受性に驚嘆します。
また、「考え抜くこと」に於いても素晴らしい才能がある。
するりとは読めない本なので、時間は掛かってしまいましたけど。

旅先であった出来事、感じたことをここまで深く遠く考えられるのか~と。

この人の言葉にはとっても共感が出来ます。
「言葉とは曖昧なもの」や「しょうがないなぁ」などなど。
そうそう、そうなんだよなぁ~・・・。

ほんのちょっぴりの事柄から、何を拾ってくるかは人それぞれ。
アンテナを張ってると結構面白いことにも気がつく。
そんな人生をゆっくりと送るってとっても素晴らしいこと。
今の自分にはなかなか出来ない。

みんなに読んでもらいたいですね~。



古典落語


古典落語100席―滑稽・人情・艶笑・怪談…… (PHP文庫)古典落語100席―滑稽・人情・艶笑・怪談…… (PHP文庫)
(1997/11)
立川 志の輔、PHP研究所 他

商品詳細を見る


「先生、右足が痛いんですが診てもらえますか?」
「はい、レントゲンの結果からは関節炎や神経痛や痛風ではありません。あなたの右足は大丈夫ですよ、おじいさん。」
「じゃ何です?この痛みは。」
「まぁ、お歳のせいでしょう。」
「先生、いいかげんな診断しないでください。」
「どうしてです?」
「歳のせいって、左足も同い歳だよ。」

落語は面白いですね。
発想も素晴らしい。
「あたま山」なんてびっくりするような噺だし。
お気に入りは「ねずみ」などのちょいと皮肉の効いたおとぼけな噺。

笑いというのは難しいもんで、大概ロジックがある。
みんな理論で固めて噺を作っているような感じがします。
下げ(落ち)の種類もたくさんあるし、結構科学的に考えられてる
ところもあります。

物語としても秀逸していてとっても良くできています。
こんな噺を作った人はすごい。
また、これらを演じる噺家もすごいですね~。
たまにBS放送なぞで、落語やってますが同じ噺でも
抑揚といいいますか、噺の緩急みたいなものが
人によりけりでバラエティに富んでるなぁ~と。
これで勉強して、是非とも生で噺を聞いてみたい。
まだ見に行ったことはないのです。




最高の人生の見つけ方


bucketlist_1_1b.jpg


2大オスカー俳優ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが初共演を果たした人間ドラマ。実直な自動車整備工のカーター(フリーマン)と豪放な実業家エドワード(ニコルソン)はガンで入院した病室で出会い、ともに余命半年を宣告される。

「死」という逃れられないものに直面した人間。
自分の場合はどうなのか?とちょっと考えてしまいました。


more...



最近ハマってるカレー


curry.jpg


最近このカレーばっかり食べてます。
アジアンホームキッチンのインド風鶏肉カレーマサラです。

美味しいんですよね~コレ。
最初はマイルドであとから辛さが来る。
これでも自分としては結構辛い方なんだけど、それを友達に言ったら、
「それは辛いのに弱すぎ!」と言われました。

手羽元を入れるのが好きで、なすとか野菜は後乗せ。
一緒に煮込むのはタマネギとジャガイモと手羽元のみ。

今度は仲間とカレー屋さんに行く予定なので、そっちも楽しみ!!





ロストイントランスレーション


実は、あまりプリンというものを食べてません。
多分学校の給食以外で食べた数ってのは20個いってないと思う。
なんかあんまり食べたいと思わないんですよね~。

 purin


この前のライブで差し入れもらったんですよ。
このプリンを食べてみたんですけどめっちゃ旨くて~!
ちょっとプリン他のも食べてみようかな~って。
どなたからもらったのかわかりませんが、ありがとうございます。



ロスト・イン・トランスレーションロスト・イン・トランスレーション
(2004/12/03)
ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソン 他

商品詳細を見る


本題のロストイントランスレーションです。

前々から見たいと思ってたんですけど、正直忘れてました。
ようやくですわ~。


more...



ゾディアック


ゾディアック 特別版ゾディアック 特別版
(2007/11/02)
ジェイク・ギレンホール.マーク・ラファロ.ロバート・ダウニーJr.アンソニー・エドワーズ

商品詳細を見る


期待通り!!
映画館で見たかったんですけど、見られなかったんです。

こういう雰囲気は好き。
時代が好きなのかな~。昔を描いた映画が好きみたい。
「LAコンフィデンシャル」も好きだし。
こんど「ブラック・ダリア」も借りてこよっと。

アメリカ犯罪史上最も危うい連続殺人鬼と言われる“ゾディアック・キラー”を題材にした話題作。ゾディアックに関わり、人生を狂わされた4人の男たちの姿を描く。監督は『セブン』のデビッド・フィンチャー。『ブロークバック・マウンテン』のジェイク・ギレンホールが、事件の謎を追い続ける風刺漫画家を演じる。徹底したリサーチを基に練り上げられたサスペンスとしても、4人の男たちの生き様をリアルにつづった人間ドラマとしても楽しめる。(シネマトゥデイ)

more...



GWも終わり


早かったね~今年のGWは。
今年はあんまり遠出しなかったな。

今日は、朝から風呂場の排水口が詰まっていたから
業者に頼むの嫌だし一生懸命直した。
何日か前からどうやって直したらいいんだろう?と考えてて
昨日友達にも手伝ってもらったんだけど直せず。
でもピンとひらめいてここをこうしたら・・・
って感じで直せた。

それから生活用品とかジョギング用の服とか靴下とか
食材を買い込んで。
昨日も走ったんだけど、ジャージは暑くてハーフパンツ
みたいなのが欲しくてユニクロにちょうど良いのが
あってよかった。

昨日は昨日でジョギング以外家にこもりきりだったし。

一昨日はライブで撮影とかもしたり、お客さんも急な告知にも
関わらず沢山お越し頂いてよかった。

GW初日は、大阪でモンスタービバって催し物があって。
そこへ行ってきました。
 monster


場所はインテックス大阪。
衣・食・住たくさん出店とかあって。
食の方は全国の旨いもんが集まったって感じ。
たらふく食べてきましたよ~!

gyu.jpg

牛串とか

don.jpg


北海道のわがまま丼とか(イクラ・うに・蟹がたくさん入っててサイコー!)

beer.jpg


ベトナムビールを飲んだり。
あと、長崎の佐世保バーガーやさいたまのわらび餅なんかも食べたりして。
佐世保バーガーは関西では京都駅にもあるんだけど。
昔長崎で食べたけど、美味しかったな~あれは。
でかいしね~。

フリマとかもやってて指輪が2個で1,000円だったので買ってしまった。

という感じのGWでした。
映画も観たからまた後日。





ヒットマン


>
T0005888.jpg
ヒットマン


優雅なスタイルと確かなテクニックのプロの殺し屋(ティモシー・オリファント)は、首の後ろのバーコードの刺青から“エージェント47”という名前で知られていた。淡々と殺しを重ねる“47”の前に、ある日ロシア人の売春婦ニカ(オルガ・キュリレンコ)が現れる。


ダイハード4.0で悪役だったティモシーやボンドガールになったオルガ・キュリレンコが出ているということで見に行きました。
なんと、Mi:2などにも出ていたダグレイ・スコットが警官役で出ていました。
あと、LOSTのデズモンド(ヘンリー・イアン・キューザック)も。

more...



プレステージ


自分の中で映画館で観る物、観たいけど観られなかった物、DVDでい~や~と大体
3種類に分けてます。

そして、観られなかった物とDVDで観る物はちゃんとレンタルします。
まっ映画館で観た物もレンタルするんですけど。
しかし、大抵パッケージを観て「そうそうコレ観たかったんだ」と思い出すもの。
ですので、パッケージを観なければ見過ごしてしまうものも多々あり(だろう)。
最近はメモってます。
忘れないように。

この作品はちゃんと、パッケージを見て思い出したもの。
DVDでい~や~の部類に入るものです。

prestige_1_1b.jpg


2人の天才マジシャン、アンジャー(ヒュー・ジャックマン)とボーデン(クリスチャン・ベール)はライバルとしてしのぎを削りあう2人だったが、ある舞台でのマジック中、アンジャーが水槽からの脱出に失敗し、ボーデンの目の前で溺死する。
翌日、ボーデンは殺人の罪で逮捕され、死刑を宣告される。
ボーデンはそこに恐るべきトリックの存在を感じる。
これはアンジャーが仕掛けた史上最大のイリュージョンではないのか-。
やがて明らかになる驚愕の真実とは?


え~と、確か最後に騙されるみたいなことが謳ってあったので、
注意深く見ました。
そしたら・・・SFかよ!!
サスペンスで正当派の「騙し」が入るのかと思った・・・。
いや・・・正当派の「騙し」も一つ入ってたんだけど・・・。

more...



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。