■ カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
■ プロフィール

wasen

Author:wasen
FC2ブログへようこそ!

■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ カテゴリー
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



とほほ・・・



愛機のMac book proがまた壊れてしまった。
昨年末に壊れて直したのに実は、違うところも壊れててだましだまし使っていたけどやっぱりここで直しとこうと、また修理に出した。まぁ明日帰ってくるんだけどね。およそ一週間の入院です。
ですので懐かしのG3でネットサーフィンとかしてる。久しぶりに昔のMac触っているけど普通の動きは軽いね~サクサク動く。キーボードは英字で打ちやすいし。このフォルムが好きなんだよな~。出来ればこの形でi7とか積んでみたいんだけど。

打ちやすいキーボードを使うとずっと文字打ってたくなる。
このパソコン使っていつか小説書いてみたいんだよな~。
そういえば何だったかな・・・
「おまけ付き新婚生活」っていう映画だったかな。
今使ってるG3の一つ新しいモデルでベン・スティラーが小説書いてたな。

でもこのパソコンのバッテリーが死んでるんだよな~。
ノートなのに持ち運べない。
本気で直すとなると三万ぐらい掛かる。
そんなんだったら今のMacbook proのバッテリー買うって感じだな。
社外品だったら三つぐらい買える。

そういや今日新しいMacbook proが出ましたね。
買う予定は全くないけど。
買うとしたら来年か再来年にiMac買います。
なんとか今年はもって欲しいな~Macbook pro。
スポンサーサイト



阪急電車



阪急電車 (幻冬舎文庫)阪急電車 (幻冬舎文庫)
(2010/08/05)
有川 浩

商品詳細を見る



最近本は読んでるんだけど、ビジネス書や啓発本が多くて、
読むのに時間掛かったり集中出来なかったり・・・。

会社の女の子がコレ持ってて貸してくれた。
面白くて、読み進めたら止まらなくて読破してしまった。
ちょっぴり幸せになれますよ、この本で。
恋愛が始まる瞬間、終わる時、一言で人生が変わる事・・・
様々なストーリーが入っています。

有川浩さんって男の方だと思ってました。
「ありかわ ひろ」って読むんですね。

場所は阪急今津線が舞台。
宝塚駅から西宮北口駅までのお話。
各駅毎にエピソードがあり、折り返しもある。
最初の話は宝塚駅から。
話の区切りは駅名なんだけど、ストーリーは微妙に全部繋がってて、かつ小出しにするところが憎いな~。例えば前の駅のストーリーでは「あだ名」で呼ばれてて、また違う話になると「名前」で表記されたりする。この人誰?って一瞬戸惑うんだけど「あ~この人ね」って気付く。それが服装だったりアクセサリーだったりするわけで、なんか情景だけでその後の進展がわかったり、なかなか上手く書いてはるな~ってニヤリとしてしまう。

ちょっとややこしいかもしれないけど、人物の名前と個性さえ覚えておけば大丈夫。かっちり覚えておけばそれだけ楽しさが増す。物語の最初の方でそう思ったから名前とか必死に覚えたw

基本的に読みやすいんで、さらりと読んでしまうところだけど、このお話はというか作者の感性が凄い。っていうか読んでるときは男の人が書いていると思ってたんでコレを見つけられる、もしくは汲み取って文章にしてしまうって凄いな~と思ってた。ちょっぴりヤキモチもしたけど、読み終わってから調べたら女の人だと分かってちょっと安心。人の気持ちの描写もそうだし、駅から見える風景のニュアンスもこんな風に景色が見られたらなって思ってしまうような文章。そんなのが書きたいとまでは言わないまでも、理解したい・感じたいと思ってたんで。細やかやな~。

出てくる人たちもすごく魅力的で、共感できる部分もある。胸がポカポカするような暖かいお話なので、喫茶店にでも入ってゆっくり読みたい本だな~。でもこの本で笑ったり泣いてしまったりしたから他のお客さんには迷惑か。この本ちゃんと買おうっと。

そうそう、この本映画になるらしい。関西は4/23日から。観に行ってみよっと。

最後に、読み終わった後少し回想してると、なんか電車に乗ってどこかへゆっくり行きたくなったな。電車に乗っているっていう時間を楽しむ事ってホントにたまにしか出来ない事だからな~。朝から出かけて、ゆっくり電車乗って気が向いた駅で降りて、少しブラブラしたり写真撮ったり、お店に入ったり・・・今度やろうっと。



吉田神社節分大祭


吉田神社の節分祭へ。
夜店の数が凄くて、およそ800店あるらしい。
ほんとかどうかはわからないけど、様々な種類のお店が建ち並んでいた。

2011020401.jpg


中には肉巻きおにぎりも。東国原知事が退任された後も
イラストは使っているのね。

人が凄く多くて、歩くのも大変。
神社への入り口までの道のりも遠い。

この日に行われるのは火炉祭。
参拝者が持って来たお札やお守りなんかを
まとめて燃やす。
初めて見るお祭りだから楽しみ。どんな感じなんだろう。

23時からお祭りが始まるので、22時40分頃に境内に着く。
もう用意はされていて結構でかい。
これが燃えるのか~すごいな~。

お参りをして、場所確保。
もうすでに人でいっぱい。
良い場所を探して、なかなかの所を見つける。
人が多いのでそんなに寒くない。

いよいよ23時。
奥の方から火が着いた。
あっという間に燃え広がり、もくもくと煙が。

2011020402.jpg


あつっ!!
結構近いと熱いわ~。
顔に熱風がバシッと来た。

点火してから10分も経たないうちに
消化活動。と思ったら周りの木に燃え広がらない様に
水でコントロールしてるだけだった。

2011020403.jpg


それでも火はもの凄い勢いで燃えている。
やっぱり熱い・・・。
15分ほどしたところで限界っす。
もういいやと神社を出たら、一気に寒気が。
うぅ~やっぱり寒い・・・。火のおかげで熱かったけど
一気に冷えたな。

夜店でたい焼きを買い、帰路につく。
お祭りはまぁ一回見たらえ~かなと思うけど、
しめ縄とか燃やすときに来たいし、夜店楽しいし、
来年も行くかな。



或る日


朝一からイオンモールKYOTOへ。
ZARAのメンズを見に行く。ついでにソフマップへ寄って
携帯のケースなどを購入。

いったん家に帰りすぐに出町柳まで。
出町柳のフリーペーパー制作をお手伝いできることになったのだ。
もちろんボランティアで。
初めての面談で、同じく募集で来た人が自分を含め三人。
編集の人は今までほとんど一人でやっていたそうな。
もちろんレイアウトなどは外部のデザイナーさんにお願いしていたようだが。
それにしても一人で作るなんてすごいことだ。
良い感じでお手伝い出来たらな、と思う。
他の二人の方もなかなか感じの良さそうな人たちで良かった。
なんか楽しく出来そうな気がする。
自分は撮影とレイアウトなどで参加するつもり。

その後、友人(ドラムのF氏)のライブへ。
食べ放題飲み放題で4,000円。
時間が無くて朝から何も食べてない。
ここで一日分のカロリーを摂ろう。

会場へは少し早めに着いてしまったので喫茶店で
さっきの打ち合わせをメモにまとめる。
納期の件や取材などやるべき事がたくさん。
今度の休みに時間を作って下調べなどするか。

会場入りの時間が迫ってきたので喫茶店を後にし、向かう。
京都の街は寒いな~。
今年指無し手袋をスマートフォンなどの操作のために買った。
こんな時大活躍。買って良かった。

会場に入ってみるともう人がいっぱい。
すごいな~。なんとか席を探し座る。
う~ん知り合い居ないな。友人とその奥さんと子供しか居ない。
とりあえずビールを飲み、一息つく。
初めて聴くバンドだしちょっと楽しみ。
程なくバイキングの用意が出来た様で、カウンターに行列が。
出遅れたので、時間を空けて取りに行く。
油もんが多いなぁ~、まぁバイキングだったらこんなものだろう。
甘いわ、何も食べてないからお腹にたまりそうなものでもガンガンいけるぜぃ!
ってな具合で、ガシガシお皿に放り込みモリモリ食べる。
演奏が始まるまでにお代わり大盛り3皿いった。
なにかつまみながらゆっくり演奏を聴こうと思っていたので、
おつまみとビールのお代わり。3杯目。

オープニングアクトは、四人組のコーラスグループ。
メジャーな曲もやってたしなかなか楽しめた。

少し休憩をはさんでメインアクト。
サックスにフォーリズム、それにボーカルの結構大御所だな。
サウンドはやはりリッチで気持ちいい。
スタンダードなナンバーが続き、気持ちよく聴ける。
あぁ、ビール5杯とスコッチのロックを飲んでるから気持ち良いのか。
でもまだまだ飲むよ~!

休憩を挟み二部へ。
結構キメの多い曲もやってるし覚えるの大変そう。
だんだん客席も暖まってみんな踊り出してきた。
いいね~お酒も進むわ。

もう一度休憩。三部へ。
しかし曲が多いなぁ~ほんとによ~覚えてはるな~。
定番R&B系とオールディーズを上手い具合に混ぜてる。
客席はピークになっておりそんじょそこらでダンスしてる。
しまいには友人のお子さん(2歳ぐらい?)も踊り出した!
奥さんもゲラゲラ笑ってる。自分はその子を写真に収める。
可愛いな~踊ってる姿が。奥さん曰く家では結構TVを観ながら踊っているらしい。
お父さんのドラムで踊るなんて最高だろうね~。

およそ2時間半のステージが終わった。
みんな踊り疲れてる。自分は飲み疲れ。
友人に息子が踊ってる姿が可愛かった!と伝えると、
え~!見たかった!だって。そうだろうそうだろう。
一応デジカメでムービー撮ったけど、暗くてよくわかんない。
でも写真でも息子さんのダンスシーンは楽しめますよ~!

挨拶を済ませ、会場を後にした。
やっぱり外は寒いね~中はあんなに熱かったのに。
行きつけのBARへ行き、ブルースを聴きながらまた飲む。
〆はやっぱりここだよね。
家に帰ってからも
酔っぱらって満腹中枢おかしくなってるのか、
カップラーメン食べてしまった。
あぁ、後悔。

【最近のお気に入りCD】
4曲目の「Samaouma」は単純に感動する。音楽的にスゴイ!
5曲目「O Sen Sen Sen」が個人的には好き。こんなライブしたい!
気持ち良いだろうな~。


Bona Makes You SweatBona Makes You Sweat
(2008/08/26)
Richard Bona

商品詳細を見る




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。