■ カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
■ プロフィール

wasen

Author:wasen
FC2ブログへようこそ!

■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ カテゴリー
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



宮沢賢治 「銀河鉄道の夜」


父親は漁へ出かけ行方がわからず、母親は病気で家から出られない。苦しい家計を支えるために姉と二人で働くジョバンニ。活版印刷所で毎日働き、友人たちとも遊べずクラスから浮いていた存在だった。唯一カムパネルラだけはジョバンニに優しくした。ケンタウルス祭の夜、ジョバンニはお母さんに飲ませる牛乳を貰いに行く。牛乳ももらえず友達にもからかわれ、すっかり落ち込んだジョバンニは丘の上で横になる。すると銀河ステーションが現れていつの間にか鉄道に乗ってた。前の席にはカムパネルラが座っていた。二人の幻想の旅が始まる。

先週日曜日、京都大丸で宮沢賢治展に行ってきた。
「注文の多い料理店」や「ツエねずみ」「蜘蛛となめくじと狸」の話を読み終わって、「銀河鉄道の夜」を半分ほど読んでいた時なので、これは是非とも行っておかなければ、と。

ちょうど仕事でプラネタリウムのチラシ作ってて、去年銀河鉄道の夜のイメージ展みたいな事をやっておられた。CGで作ってあったんだけどすっごく美しくて。大丸のはどんなんだろ~って期待していった。

「雨ニモマケズ」の版画や水彩画、直筆の手帳などありその数に圧倒される。またどこかコミカルなんだよな~。宮沢賢治自身が書いた者だけでなく、彼の作品にむけて創作された原画なども多数あった。どれも世界観を引っ張っていてとても楽しめた。

一番多かった作品は「注文の多い料理店」かな?「銀河鉄道の夜」かな?この二つが多かったように思う。さすが人気があるのか。「セロ弾きのゴーシュ」なんかも面白かったけど。

本題の「銀河鉄道の夜」だけど、これはほんとにスペクタクル。読んでてまばゆいばかりの光がキラキラしてるんだろうな~とか、鷺とか取ってみたいわそんな光るんやったら、とか。想像は膨らむけど絵があると小さい子には読みやすいと思われる。絵本も売られていたので思わず買いそうになってしまった。

結局銀河鉄道のポストカード一枚だけ買い、お昼ご飯を食べに「そじ坊」へ。安いし量多いし不況のさなかサラリーマンは喜ぶであろうな~夜はお酒も豊富みたいだし。

で、本の「銀河鉄道の夜」の話に戻るけど、イメージしやすくドキドキ読めるし、すこし悲しい。ようやくジョバンニは自分の事見つけられたんだろうなって最後に思う。カムパネルラのおかげなんだけど、それは自分の中でカムパネルラに投影し引き出したのか、それともカムパネルラに助けてもらったのか。

名作と言われるものってあまり読んでこなかった(日本文学)のでこれからは読んでみようと思う。次は太宰か!?
スポンサーサイト



思い出す


急に思い出した。

二十歳にはなってなかったと思う頃、友人(男)の女友達2人と友人の車でご飯食べに行って。
で朝方までドライブした。
K高校に行ってるっていってたっけな~。
猫が好きだの、好みの音楽だの他愛もない話をして。

で、僕がバンドやっているって話しになって、一人の女の子がS美受験して受かったって話になって。将来の夢はCDアルバムとか広告とかのデザインしたんだ~って。へぇ~そしたらCD作ったらデザインしてよ!って頼んだ。

で、その子とはそれっきり。
気付いたら自分がその仕事してて、CDも作ったしそれのデザインなんかもしちゃったり。

その子の名前忘れてしまったけど、今その子と出会えたらどんな話するんだろ~って想像してしまった。
彼女、夢叶えて一緒の仕事してたらいいな~。
なんでこんなコト思い出したんだろう?




小林賢太郎「うるう」


a7765ca87b6dc43150341f966e409ced-450x636.jpg

先週の土曜日に観に行ってきました。
大阪サンケイホールブリーゼ。
ラーメンズ好きの友人(女性)を誘ったのですが、仕事で行けず
代わりに旦那を連れて行ってくださいと、一度だけお会いしたことのある旦那さまと観に行きました。お互い顔も忘れていたので待ち合わは苦労しましたが、何とか出会え、てくてく梅田を歩いて会場へ。お互いに共通の話題も特にないので、仕事の話とか(彼はプログラマー)で。いつかプログラマーが必要となるかもしれないので、詳しく話を聞く。

で、丁度開始30分前ぐらいに着いた。まだ人もパラパラで満員になるのかいな?と少し心配だったけど、開演10分ぐらい前になると満員となった。二階席も開けていてそちらも満員。人気あるな~やっぱり。

個人的に、お笑いも好きなので彼の演劇はよく行くのだけれど、本格的に岩松了さん作・演出のとか行ってみたいな~と思っている。いつもタイミングが悪く行けずじまい。このまえの「アイドル、かくの如し」は宮藤官九郎、夏川結衣ともう絶対観に行きたかったんだけど・・・。またやってくんないかな~。

そして、開演。
今回は小林賢太郎一人とチェロの伴奏一人。物語も面白く、笑いを入れるタイミングも良いし、笑いの種類も被ってなかったので楽しかった。しっかしあのチェロ演奏考え抜かれてるな~。ループ・エフェクト使っているんだろうけど一人カノンとかやってたし多彩な表現だった。劇中「幅広いだろ~」とチェロの徳澤さんに向かって小林賢太郎が言う台詞があるんだけど、いやいや、それなくても幅広いですよ~!

「SPOT」が自分的にう~ん・・・て感じだったので一人公演は少し構えてたんだけど、行けて良かったな。公演の時期も良かっただろうし。

というのも、岩松了さんがとあるインタビューで「演劇は千秋楽までダメ出しの連続、谷底を観る作業」というのがあってなるほど確かに~って思ってて、今回のうるう大阪公演は本当に最後のブロックだったから(もちろん千秋楽は閏日)ある程度完成されているものだろうと思って観に行きましたからね。「SPOT」は小林賢太郎得意の笑いの種類の進化形だったので目新しさというより、洗練されたものが観られたという感覚。今回は目新しさもあったので、本当にこの熟成されたこの時期に行けて良かった。お金と時間があれば、ほんとは初演も観に行きたいのだけど、それはスケジュール的にも無理なので。時期が合えばやってみたいね~そんなこと。

もっと演劇観に行きたいな~。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。