FC2ブログ
■ カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
■ プロフィール

wasen

Author:wasen
FC2ブログへようこそ!

■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ カテゴリー
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



列車に乗った男


列車に乗った男 [DVD]列車に乗った男 [DVD]
(2004/10/20)
ジャン・ロシュフォールジョニー・アリディ

商品詳細を見る


その列車は、叶わなかった人生の終着駅へと旅出立させてくれる。



男だね~。漢(おとこ)か~?

フランスの田舎町、殺伐とした風景が二人の不毛な・・・
なんて評論家ぶりはせず。
渋~い男二人のお話です。

他人の人生を経験してみたい・・・なんて一度は思った事あります?
人生は経験してみたいとはあんまり思いませんが、
他人の目から世の中を見てみたいと思ったことはあります。
小さい頃、人と話しているときその人から僕はどう見えてるのだろう?
とその人目線になって僕自身を見ている事を想像した事がある。
話も全然聞かずに(笑)

一見対照的な二人ですが、お互いの人生に憧れを抱き歩み寄っていく。
ラストに近づいていくにつれ、お互いを理解していくシーンなんて
とっても印象的。

印象的と言えば、この映画には言葉でなく撮り方・目線などで
印象的なシーンがいくつもあります。

割と起伏がない映画なので(ラスト以外は)観てもらった方が
雰囲気に浸れてよろしいのですが、自分はこういう映画大好きですね。


スポンサーサイト








小夏 // URL
渋いですよねぇ、ダンディですよねぇ、ホント。
最初はただ夢語りする二人のオッサンの話かと思ってたんですが、終盤ガツンとやられました。大人のファンタジーだな、あれは。
何度も繰り返して観たいとは思わないけど、見る機会に恵まれて良かったと素直に感じる作品でしたね。
date:2008/12/21 (Sun) #mQop/nM.

[ edit ]

一家争鳴 // URL
まいどです~小夏さま☆

ご返事が遅くなりまして。一回書いたんだけど消えちゃってました。
ほんとダンディですよねぇ~。
終盤の感じ好きですね~あの急に違う映画になったみたいな感じが最高です。
date:2008/12/30 (Tue) #Q0/G/4Qc

[ edit ]






管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。