■ カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
■ プロフィール

wasen

Author:wasen
FC2ブログへようこそ!

■ 最近の記事
■ 最近のコメント
■ 最近のトラックバック
■ 月別アーカイブ
■ カテゴリー
■ ブロとも申請フォーム
■ ブログ内検索
■ RSSフィード
■ リンク
  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



シルヴィアのいる街で



シルビアのいる街で [DVD]シルビアのいる街で [DVD]
(2011/04/28)
グザヴィエ・ラフィット、ピラール・ロペス・デ・アジャラ 他

商品詳細を見る


過去に出会った美しい女性を求めて、街を彷徨う青年。
カフェで女性を観察し、ノートにデッサンしているが、ガラス越しに美しい女性を見つけ、彼女を追いかける。


これは普通の映画ではないです。
まず、ホテルの部屋のシーンから始まりますが、全然動かないし、「何だこれは?」と思います。その後カフェのシーンが始まり20分ぐらいしてからようやく動きが出ます。因みに台詞もそんなになく。

途中で気づいたのですが、この映画はヘッドフォンで観る方が良いです。
街並みのシーンなど雑踏の音がとても臨場感溢れていてまるでそれが音楽かのように奏でます。

また、街並みがすごくキレイ。でも、「あっ京都も遜色なく美しい街並みしてるな」と気付かされました。

話的には完全にストーカーです。かわいい子見つけて追いかけまわすという。まぁこれは乱暴に書いてますが、気持ちはわからなくもない。大人になってからしたことはありませんが、小・中学校はこんな気持ちだったかな。

監督さん曰く、「この映画は始まりの映画だ。何かが起きる前のね。」ということらしいです。この主人公もそんな期待でこの街に来て、女性を捜し求めます。この映画を見終わった後、彼のその後の物語を想像するっていうのが、健全な向き合い方かもしれません。
スポンサーサイト













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。